FC2ブログ
お人好しの社長日記
    ~ 「一棟入魂」快走中! ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅版エコポイント制度
今年も残すところ...あと3日になってしまいました。


世の中も今日・明日が仕事納めのところも多いようですが、
私はこのまま大晦日までは仕事になりそうです。

年明けも元旦だけは流石に休日を頂戴するも、
2日からは通常通りの業務に入る予定です。


今年は春先から急激に...例年以上に工事のご依頼が入り始め、
特に秋以降は長期優良住宅などの煩雑業務も加わり激務の連続でここまで来ました。

業務最優先から...このブログの更新も滞ってしまっており、
自らの業務管理の反省と改善の必要性を強く感じている次第です。


この年末に来て、漸く私の業務も落ち着きを取り戻しつつあるも、
未だプランを心待ちにされているお客様...工事着工をお待ちのお客様...も数多くおられます。
一日でも早くご期待に沿えるべく年末年始も頑張ろうと思ってます。


ところで、先日閣議決定された『住宅版エコポイント制度』に関するご質問が
お客様から多く寄せられております。
詳細はまだ未定ではありますが、新築住宅で30万円程度...リフォ-ムで15万円程度のポイントが
付与される制度内容です。

政府の景気刺激策(経済不況対策)の一環として採択された制度で、
申請は比較的簡単との情報も巷では囁かれております。


でも...実際のところは...如何なものなのでしょう...?


新築のケ-スを例にとってみると、

エコポイントの交付を受ける為には、平成11年度に導入された『次世代省エネルギ-基準』を
クリア-した住宅の建設が不可欠となります。
この次世代省エネルギ-基準をクリアする為には、それなりの建設コストが必要となってきます。
恐らく...一般の住宅でこの基準をクリアしようとすれば、エコポイント30万円では全く!
建設コストに見合わないかと思います。

また、この基準をクリアしている旨の評価機関発行の証明書も必要で、
この手数料も4~5万円は必要となる様です。

さらに加えて...この評価機関に証明書を発行してもらう為には、
各種図面や基準をクリアしている根拠となる計算書(Q値計算書etc)などが
必然的に必要となってきます。

住宅会社などが当然揃えて申請することになると思うのですが、
申請図書作成費や計算手数料、申請手数料などが発生してくることも考えられます。


一体どれ位の費用が発生するのか?...
現時点では定かになっていないのが現状では?...と思います。

確実に言えることは、
30万円分のエコポイント以上のコストが掛かるということだけは確かかな?...と思います。


因みに弊社におけるエコポイント制度の対応はというと...


凛の家はもともと、次世代省エネルギ-基準はクリアしておりますので
建設費の増額はありません。
Q値計算書の作成等々も全て自社内にて行いますので、
これに関する費用も極々僅かですむ筈です。

残る評価機関の証明書発行手数料だけはど~しても発生することになります。
(残念ですが仕方ありません...)

ただエコポイント取得の価値は十分にあり、
弊社も積極的に推し進めていく予定です。


これに加えて...


長期優良住宅 先導的モデル事業の認定も今月受けましたので、
現行(通常)の長期優良住宅の助成金が当初の5000棟で終わりを迎えそうな気運の中、
今度は先導的モデル事業に特化していく予定でもおります。

今回認定を得たこのモデルは国産材使用・循環型モデルの構築をテ-マとしており、
その中には、"住宅1棟につき20本の檜の苗木を植林する"といった、
消え行く日本の森林保護の一役ともなるべき取り決めなども含まれております。


これ以上...お子様やお孫さん...またその子孫に負の遺産となる家を造ることを止め、
代々に受け継がれる様な家を供給する...
そしてこの家を造る為に伐採された木の代わりとなる苗木を、少ないかもしれませんが
山に植林して戻す...

こんなことをテ-マにして家づくりを試みる事業です。
勿論!...地球温暖化対策としての熱損失レベルは最高等級...
耐震性・劣化性・維持管理性なども最高レベルを兼ね備えた住宅になります。


エコポイント制度や長期優良住宅 先導モデル事業にご興味のあるお客様は、
是非お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。


久しぶりのブログで、今まで書けなかったこと全てを記そうと思うと
きりがありません。
これから機会あればその都度書き記そうと思います。


今日はここまでに...



関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rinkariya.blog35.fc2.com/tb.php/64-c4412bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

  濱 田 眞 吾

Author:  濱 田 眞 吾
 家造りに夢中なお人好しの社長。
    pipi(愛犬)との戯れが
    日々の仕事の活力!

     愛知県安城市在住
   昭和39年2月19日生まれ
   趣味:スキ-・オ-トバイ・ゴルフ...
    それから...家づくり?



カウンター



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



facebook



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。