FC2ブログ
お人好しの社長日記
    ~ 「一棟入魂」快走中! ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法規制の落とし穴
今日も事務所での仕事に従事しておりました。

この連休中はお客様からのご相談やお問い合わせのメールも多く、
その返信作業で午前中が終了してしまいました。

午後からは設計業務に入り、CADを駆使してPCの前で没頭.....
時折、構造的なこと.....意匠的なこと.....などなどで例のごとく悩みに陥りながら、
コツコツと黙々と作業を進めておりました。


ここ数年で様々な法改正が繰り返され、今年も長期優良住宅や瑕疵保険なども
新たに加わり、これに準じた構造や仕様などにも合わせる必要が出てきました。


私も当然ながら法規制を遵守すべく設計や施工詳細図を起こしているのですが、
年々変わる法規制に準ずる中で.....少し違和感を覚えることも多くなっております。

特に構造(耐震)面に関してが群を抜いているのですが、
構造面を強化する法規制が進めば進むほど、他の面に大きな副作用(不具合)を
生じさせているのでは?.....そんな気がしてなりません。

住宅の長寿命化と耐震性を確保する為、法規制は机上での数値UPのみに固執し過ぎており、
その負の副作用を全く考慮していないのでは?.....と思えてなりません。


例えば基礎の設計.....


過剰なまでの鉄筋量を要求.....これに比例したコンクリート量(幅や厚み)は抽象的な規制です。
鉄筋が多すぎて逆にコンクリートにクラック(ひび)の入る危険性もあります。

また異常なまでの基礎立ち上がり部の規制.....基礎の内部は通風性の確保が不可欠!
にも関わらず、その風の流れをシャットアウトする程の規制内容だと思います。


私も毎回、基礎の設計には本当に悩みながら図面を書いております。


幸い.....弊社は基礎断熱ですから対処法はいくつかありますが、
自然給排気を採用した一般の住宅の場合は大変難しい.....というよりも.....
空気がよどむ(動かない)場所が何カ所もできてもおかしくないかと思います。

空気が動かない=湿度が高い=結露=白蟻の発生というメカニズムになります。


耐震の設計に関しても.....

耐震・耐風性を高めるには、木造の場合は”筋交い”を入れた耐力壁を設けて対処します。
近年は筋交い以外にも、『構造用パネル』などを用いた補強方法も多くなってきております。

耐震・耐風性を向上させる為に、法規制では一定の計算に基づく数値とバランスの両方から
規制を強化してきました。


一見.....これは良さそう(安心)な様に聞こえますが、
実は大きな落とし穴も兼ね備えていると私は思ってます。


前述の数値のある一定数値を超えると、同時に規制されているバランスと反比例を起こし始めます。


これは住宅の間取りが大きく関係してくるのですが、
一般的な間取りというのは、南側にLDKなどの比較的大空間.....
北側には水廻りなどの細かく区切られた空間が配置されます。

耐力壁は細かく区切られた空間ほど多く配置することが可能ですから、
耐力壁の数値を上げようとすれば当然ながら、
耐力壁とする候補の多い北側などに多く配置されることになります。


結果的に建物のバランスは崩れ始めることになってしまう訳です。


では!.....設計の段階でLDKに多く壁を設けておけば良い.....というのが本筋なのですが、
壁だらけのLDKの間取りを承諾して頂けるお客様はほぼ皆無では?
当然、採光や通風の問題も出てきますから難しいと思います。



法規制が逆に地震に弱い家を誘導したり、将来的な不具合を誘発したり.....


そんなことが起こり得るのでは?.....と懸念しています。


日本の行政誘導による苦い経験は多々あります。
『結露』、『シックハウス』、『アスベスト』.....直接的な行政の責任はないかもしれませんが、
誘発する様な施策を打ち出してきたことは否めないと私は思います。


現在のところ私は、この懸念をいち早く察知し、何とか不具合の懸念はありませんが、
これ以上の机上の空論ともいうべき法改正が進んだ時には自信がありません.....。


年々.....私の設計に掛る時間は増大してきております。


本来、数値目標だけの法規制ばかりですから、
今の世の中便利なパソコンがありますから時間は短縮できて然りのはず.....

それが私に関しては時間が掛る方へ進んでいることでご理解頂けるかと思います。


久しぶりに毒舌を吐いてしまいました.....


また今から設計作業に戻ります。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rinkariya.blog35.fc2.com/tb.php/57-eddc04e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

  濱 田 眞 吾

Author:  濱 田 眞 吾
 家造りに夢中なお人好しの社長。
    pipi(愛犬)との戯れが
    日々の仕事の活力!

     愛知県安城市在住
   昭和39年2月19日生まれ
   趣味:スキ-・オ-トバイ・ゴルフ...
    それから...家づくり?



カウンター



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



facebook



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。