FC2ブログ
お人好しの社長日記
    ~ 「一棟入魂」快走中! ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改正省エネ基準
新たな年を迎えて3週間近くの日々が流れました。
月日の過ぎるのは本当に早い....実感です.....

このブログも久しぶりです。
実務を果たすのが精一杯の毎日に疎かになっていました。

現場も多く業界全体もあれこれ慌ただしく動いていますから、
ここに綴りたいことも沢山あります。
心新たに業務の合間をみて書き綴っていこうと思います。



さて、私はというと...新年2日から業務開始しています。

昨年末は大晦日まで外構工事の作業が長引きましたので、
結局は元旦のみの休養ということになります。


昨年同様に年を明けてからも相変わらず慌ただしく働いています。


昨年末からここまで、ゼロエネルギ-推進事業の完了申請、
今年度割り当てられたお宅の着手前交付申請、長期優良住宅のこれも同じく
着手前の技術的審査申請...結構書類まみれの日々も過ごしてまいりました。


まだまだ申請図書作成は急ピッチを要するお宅も多いのですが、
私の頭の片隅に常に居座っているのが、昨年10月から既に施行されている『改正省エネ基準』のこと...

平成11年の次世代省エネ基準から実に13年ぶりの今回の改正なのですが、


今回は.....

①省エネ地域区分の変更(一部細分化)
②断熱基準の見直し(Q値・μ値 → U値・η値に変更)
③一次エネルギ-消費量の採用

大きく分けてこの3つです。


改正ポイント        


何か難しい言葉が乱立して訳が分からない...一般の方は無論のこと、
業界でもどれだけの理解ができているのか?...疑問符がつく程です。

ただ、昨年10月から施行された新省エネ基準は平成27年4月1日から完全施行となり、
現在の省エネ基準はここで完全廃止となります。

要するに1年半の猶予を与えるので、その間に対応できる体制にしなさい.....
というのが国の意向という訳です。
これに輪をかけて、西暦2020年にはこの基準が完全義務化にもなるらしいです。


煩雑な計算業務が増えることは勿論のこと提示する書類も格段に増えます。


内部対応できる会社はまだしも、対応できない会社は外部委託といった...
長期優良住宅と同様の現象が発生し、この費用は消費者にそのまま転嫁...
申請費はまた更に上がってしまいそうですね。
これに係わるビジネスも盛んに動き始めていますよ...


消費税増税と合わせてダブルパンチが予想されます...


弊社は一昨年から、ゼロエネルギ-推進事業でこの対応に慣れてきていますので、
業務に関して慌てることはないのですが、


この改正を『凛の家』に如何に反映させていくか?...
この対応に迫られているのが実情です。


今回は断熱性能に加えて、エネルギ-消費量の算定も加味されますので、
『省エネ+創エネ』に基づく基準を検討する必要もあります。
焦る気持ちを抑えつつ...じっくりと私も対応していきたいと思っています。



関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://rinkariya.blog35.fc2.com/tb.php/159-4a3b0e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

  濱 田 眞 吾

Author:  濱 田 眞 吾
 家造りに夢中なお人好しの社長。
    pipi(愛犬)との戯れが
    日々の仕事の活力!

     愛知県安城市在住
   昭和39年2月19日生まれ
   趣味:スキ-・オ-トバイ・ゴルフ...
    それから...家づくり?



カウンター



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



facebook



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。