お人好しの社長日記
    ~ 「一棟入魂」快走中! ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のブログです。
 5月も後半.....時の過ぎるのは本当に早い.....

寝る間も惜しんでの家づくりまっしぐら!...それが今の私でしょうか?...


家が完成に近づいてくると本当にワクワクしてしまいます。
お客様とひとつひとつ打合せを重ね.....自ら設計した家が形になってくる...
イメ-ジ通りに仕上がってきた時の感動は、これだけ経験を重ねてきた私ですが、
今もなお新人の時と変わりません。


今日も昨日足場が撤去された東浦町の現場へ.....
見苦しかった足場がなくなりすっきりとした光景&イメ-ジ通りに現れた外観に満足しました。
 

        施主の外壁色選択もバッチリでした!        IMG_0283.jpg


満足と共に.....この後の外構にプレッシャ-を感じた私でした。


今日は同じ町内で施工するもう一件のお宅での作業が殆どでした。
来週の引越しに備えてラストスパ-トといった状況です。

いつもながら.....最後は私がなすべき仕事がまだまだ山積しています。
今夜も21:00頃まで現場でコソコソと作業を重ねていましたが、あと少しという状況です。


施主様が楽しみにしていたブランコを今夜は設置.....
明日(今日?)も頑張ります!

                                                              IMG_0294.jpg


スポンサーサイト
RCと無垢材の融合
今日は東浦町の現場での配管スペ-ス壁づくり...

土地の高低差が4mを超えるため、後々の各配管のメンテナンスを
考慮して配管用の壁を設ける設計としました。


土の中に埋設し、RC壁を潜る施工が一般的ですが、
この部位のメンテナンスは高低差もあることからほぼ皆無…
RC壁の前に着脱可能な配管壁を設けることで対応した次第です。


DSCN3667.jpg

                                                                            DSCN3668.jpg



今日は各配管施工前でしたので、壁板は一部施工で中止…
各配管施工が完了次第、残った壁板を全面に施します。

改めて感じたのですが、RCと無垢材って意外と融合しますよね…
このお宅はまだ他にも外部に無垢材を施す計画ですが、
出来上がりが非常に楽しみです。







リビングテ-ブル制作
 今日は事務所でリビングテ-ブルづくりに勤しんでました。


先月竣工した豊田市のお客様と、
工事中に余りものの材料で良いから造って...!!

とお願いされていたテ-ブルです。


良くお客様からは工事中にこの余りもので...とせがまれますが、
私としてはなかなか...難しいご依頼です。


精魂込めて造り上げてきた凛の家に、
余りものでちょちょっと細工した物を設置することはど~しても避けたい!


結局...今回も銘木の秋田杉を倉庫から引っ張り出してきて、
事務所で加工~組み付け~塗装まで行い完成させました。


        完成したリビングテ-ブルがこれです!


                  ↓

  
      DSCN2807.jpg



天板と側面板には秋田杉を使用し、中仕切板は集成材ではありますが
同じく杉板を用いてます。

天然木ですから反りなどもあり、加工もひと苦労でした。


明日、親戚の方々が新居お披露目で来られるとのこと.....
午前中には大切に抱えてお届けさせて頂きます!


末長く~......大切に大切に使ってください.....




耐震+制震
今日は日曜日.....

年明けから毎週日曜日も休むことなく現場を動かしています。


今日もリフォ-ムのお宅を2件、新築現場は1件稼働させていました。
早朝から現場立会いやら片づけなどで動き回り.....

たまたまリフォ-ムのお宅は弊社の近所ということもあり、
暇を見つけては事務所に戻って図面書きや発注業務に勤しんでおりました。


今日でリフォ-ムのお宅2件も無事工事終了!
慌ただしい昼間の作業を終え、先程事務所に戻った次第です。



今からは少々調べものをしてから帰宅しようかと思うのですが、
その内容は多岐に渡ります。

私もこの業界に携わって17年が経とうとしていますが、
まだまだ知り得ないことも多く.....日々勉強です。


今注目を集めている太陽光発電はもとより、断熱・遮熱・気流・日射etc.....
"凛の家"を少しでも改善可能な余地があればと思い情報収集や検討を重ね
続けています。


勿論! 間取りやデザインなども決して怠ることなく、
更なる進化を遂げるべく活動を続けています。


そんな中でも、私が今最も時間を割いて検討しているのが『耐震+制震』です。


記憶に近い昨年の震災...津波と原発の被害が甚大な為、そこに注視されがち
なのですが、設計の立場としては本震の際の横揺れ時間の長さやそれ以降の
震度5・6クラスの余震が繰り返し発生していたこと...

こちらの方も凄く気になっておりました。


耐震の観点からする建物は、激震に耐え得るべく建物を固める発想なのですが、
繰り返し起きる大規模な余震に建物が晒される中で、どこまでこの"耐震性"が
持続されるものなのか?.....

この点に関しては業界では周知の事実であり、その背景のもとに制震や免震
といった技術が生まれてきたのも事実です。


私も時ある毎に耐震への付加価値(予備補填)として、
採用できるものがあればいつでもと思い心掛けてきました。


ただなかなか..."これだ!"...というものに巡り合えず、
深く追求・探求すると諸問題があったりして採用に至らない日々でした。


ただここに来て...やっと興味をそそられる制震装置に巡り合えました!
(私はもともと免震否定派ですから制震装置の探究をしていました)



HKS製造の"SS-ダンパ-"という制震装置です。



制震装置には様々あるのですが、この製品はオイルダンパ-になります。
私もまだ最終段階のチェック中ではありますが、このダンパ-の技術力・部品構成は凄く、
また施工性も良い = 標準化が可能という点でも採用に前向きです。

同等の性能を持つと思われる、日立の"減震くん"も平行して検討してきましたが、
施工性の点で弊社には.....と思われ検討から外しました。


新築建物には、"凛の家"は特殊な納まりですから.....
意匠性も加味した形で検討を重ねて最終段階にきています。


勿論、国が今盛んに推し進めている耐震リフォ-ムに関しては問題なく設置可能です。


問題はこの装置を設置したことによる効果予測.....
メ-カ-にて建物規模に応じた必要量や解析デ-タ-は算出してもらえるので
一応は安心と言えるのかもしれませんが.....


そこは私の性分.....自らが直接解析したい!.....


ただこれには相当の知識を要する様で、
聞くところによると、限界耐力計算以上の高度な計算手法である
時刻歴応答解析たる手法が必要みたいです.....

これは高さ60mを超える超高層ビルの構造計算方法らしく、
とてもとても私の様な凡人では難しいものです。


この点に関しては非常に残念ですが、このダンパ-の採用に向けて
急ピッチで作業をしている状況です。


興味のある方は下記メ-カ-HPをご覧下さい!

          ↓

    SS-ダンパ-ホ-ムペ-ジ



今夜も頑張るぞ!
 今日も良い天気...というより少し暑かったですね.....


今日のスタ-トは大府市での現場立会いからでした。
AM8:00には現場到着の予定が渋滞で30分遅れの到着になりました。

今日は造成ブロック積みの完了した敷地に、 DSCN1865.jpg
いよいよ待ちに待った建物本体基礎の着工!

既存の建物を残しての新築になりますので、
建物の配置に関しては慎重にも慎重さが必要となるケ-スです。
当然ながら私自身が立会い位置出しを職人と行いました。

さらに...かねてより施主様より依頼を頂いていた庭木の移動も
今日は重機が現場に入りましたので同時に行いました。
人の手で木を植え替えるのは大変ですが、
さすが重機!...慎重に堀削しながら
庭木の移動も無事終えることができました。


職人だけで後は問題ないところを見計らって、
私はそのまま緑区有松町の現場に昨日に引き続き向かいました。


DSCN1870.jpg
 アイランド型のシステムキッチンの施工を昨日から行っているのですが、
 レンジフ-ドの取付に際し、天井部との収まりで昨日から悩みに入り、
 今日も現場で実際の製品と睨めっこしながら最善の策を高じながら、
 実に2時間もの間試行錯誤を繰り広げていました。





     結論は悲しいかなまだ出ていません.....
     今晩じっくりと再度検討します.....。





午後からは新たな家づくりのご相談依頼を受けて碧南市へ向かいました。
道路拡幅に伴う立ち退きも絡んだケ-スで、様々な条件なども加わり、
私がプロとしてどれだけのご提案ができるか定かではありますが、
持てる力を全力でご提案していこうと思います。

碧南市から事務所に戻り、各現場の施工図面の作成やプランを心待ちにされている
お客様のCAD入力などを行っておりました。


明日も昼間は現場作業の予定ですが、現場もお客様も私の図面を待たれているので、
もう少し頑張ろうと思います。




プロフィール

  濱 田 眞 吾

Author:  濱 田 眞 吾
 家造りに夢中なお人好しの社長。
    pipi(愛犬)との戯れが
    日々の仕事の活力!

     愛知県安城市在住
   昭和39年2月19日生まれ
   趣味:スキ-・オ-トバイ・ゴルフ...
    それから...家づくり?



カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



facebook



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。